天気の子を見たら、ゴミだらけの部屋も愛おしく思えてきました・・・!

面白かったー!

世界がキラキラして見えるー!

 

 

天気の子、ようやく観に行けました。

 

いやーよかったです!

 

「天気の子」はニュースやブログやツイッターを見るたび気になって気になって、でも映画で観たいのでネタバレを観ないように回り右しまくっての1ヶ月でした。

 

新海誠は「君の名は」「秒速5センチメートル」を観たばかりのにわかですが、都市と自然を丁寧に書き込んでいって、そのものの良さを浮かび上がらせる・・・そこらへんの日常がいいものに見える感じがよくって。

 

それが「天気の子」だともっとすごい事になっていて。映画を観終わってから、ゴミだらけの部屋も、うんざりな毎日も、これがいいんだ、すてきじゃないかって感じがしています。

 

すごいよ新海マジック!!!

 

blog.hatenablog.com

 

 

(以下、若干ネタバレあり感想です)

 

ビルだらけの風景が愛おしいのがもうデフォルトで、歌舞伎町のギラついた欲望丸出しの欲望丸出しの看板、うざいバニラ、裏路地のゴミっぽい腐った匂いが漂う感じも、愛おしいって演出。すごい、ラブがパワーアップしてる・・・!!!

 

少し未来の物語なんだけど、懐かしい感じがしました。

映画の後リアルな町をぶらぶらして、映画よりクリーンかも・・・?と思いました。雨上がりだったせいかもしれない。オリンピックに向けて開発が進み、浄化されつつあるからかも、と思いました。

 

映画だから去年の風景から先の未来を描いているわけで。そうか、もう分岐した未来にいるんだなあ。

 

旅行にいって、古くていい味出しているビルが、次に行ったら建て替えられて残念だと思った事があります。

 

地元の人に聞くと「いやいや、あんな古くてボロいビルは恥ずかしい、キレイなビルになって誇らしい」

 

そんな答えにがっかりして。でも帰ってきて家の近所にそういう場所がある事に気がつく・・・という体験をした事があります。

 

新宿もそうなのかも。ゴミゴミしている感じを求めてきているのに。いい味でてる、すてきだねって思っているのに、当人は恥ずかしくってしょうがない。何とかしなきゃと片付けられてしまう。

 

ああーもう!もったいない!

 

だけど、映画ではそうしたものにスポットが当たります。

薄暗い雨の日々にはポップな音楽と希望あふれるナレーションが。

健康に悪いファーストフードは世界一おいしい食事に。

子供たちだけの生活は自立していて楽しそう。

愛人かと思ったら健全な関係だし、レンチンのからあげは最高においしそう!

 

思い出すと枚挙にいとまがありません。

 

世間ではよろしくないと排除されているものから、汚く、不健康で、排除しなきゃというラベルを剥がして、すてきだね、かっこいいね、おいしいね、たのしいね、きれいだねってラベルを貼っていく。

 

こんなにステキなものに、汚く、不健康で、排除しなきゃってラベルを貼ったのは誰?そいつが「狂ってる」んじゃあないの???

 

映画を観た直後は、この世界の何もかもがステキに思えてしょうがありませんでした。

今はちょっと落ち着いたかな?

でも、ゴミだらけの部屋も愛おしく思えるって、すごい映画だと思います。

 

 

 

 

でぶしょうが「1週間で痩せる」Youtubeをやってみた結果!

こんばんは、ろばみみです。

足を捻挫してからすっかりデブ症になりました。

 

robamimim.hatenablog.com

この1ヶ月で+4Kg。これはまずい!

 

気になるツイートが流れてきました。

 

 

Youtubeを見ながらエクササイズすると一週間で痩せる(かもしれない)しかも

 

「生きづらさが減った」!?

 

これはやらな!!!

 

1日目

youtu.be

 

すっっっごいキツイ!!!

半分くらいできたかな。汗だくになりました。へとへと。

でもだるい体がスッキリです。朝のいやーな感じが消えたような!?

 

 

2日目。むくみがスッキリしました。あごまわりとか。これはいい♪

  

3日目。足が筋肉痛!

痛くて階段の上り下りがしんどい。

 

 

全身のはげしい筋肉痛でつらみしかない。

動画を見ているとつい釣られてやってしまうのですが、ここはあえての半分でいいかも。そしてなんと -1.5Kg おどろきです!

 

5日目。体重は増えたりもどったり。

ストレッチはゴキゲンになる感じがしますね。ストレッチパワー!!!

 

 

暑かったせいか、体重がぐんぐん減るのですがこの日が一番眠くてだるかったです。

そして翌日は飲み会やなんやらでさぼっちゃった。

 

7日目

 

がんばりましたよ!!!

そうして体重は・・・+1.3Kg、、、!???

かえって増えてしまいました。

 

f:id:robamimim:20190810222434p:plain

 

ま、いっか!

この一週間で痩せるエクササイズ。コメント欄を見るのが面白くって。

 

誰も痩せてるやつがいねぇーーーっ笑

 

なんだけど、汗だくでスッキリしましたってコメントがたくさん。みーんなハマってるー私もハマってるー♪

 

もしかしたら、一週間いろんな種類のエクササイズなのがハマる理由かもしれません。ADHDの私は同じ事を続けると飽きちゃうんです。毎日違うメニューで次は何?ってのがいい感じ。

 

生きづらさが減少したかどうか、、、はっきりとはしないのですが、朝10分、運動するとゴキゲンで1日を始められるのがいい感じです。いやな気分でスタートするとずーっと頭の中でいやな事をぐるぐる考え続けてしまうので、それよりはずっといい。

 

体重も生きづらさも何にも変わっていませんが

2週目も行ってみたいと思います!

 

失敗しても笑ってすませて、インターネットでおいしいごはん♪

こんばんは、ろばみみです。

今日の料理がやったら美味しくできたので、紹介します。

 

 

作り置きしたハンバーグ、にんじん、キャベツのぶつ切りをフライパンに放り込んで、お酒をひたひたに注いで中火で5分

 

めっちゃうめええーーーー!!!!!

 

これまでの簡単料理の中でもばつぐんに簡単で美味しかったです。

くわしくはこちら。

 

dailyportalz.jp

 

最近、自炊がんばっています!

 

先日、意を決して貯金と収入と今後の見通しを立ててみたら、かなりやばいという事がわかりましてね・・・節約しなければ・・・そんで自炊をがんばってみたら、ADHDが大爆発。

 

パスタを茹でたら、塩を何杯入れたか忘れてすっごいしょっぱくなるし!

先日は目玉焼きを焼いてる途中で何かに気を取られたら、爆発してしまいました。

 

いやーお料理って大変ですね🌟

しかし、焦げようが蒸発しようが、経験値は溜まるのです。

そして強い味方がインターネット!

簡単でおいしく食べられる方法を探索するのです。

 

パスタは塩なしでゆでる!

 

rocketnews24.com

 

目玉焼きはレンジでチンです♪

 

tabepro.jp

 

ホットケーキをフライパンだけは・・・

 

togetter.com

 

 

 

ざんねん、うちのフライパンではダメでした。

 

ささみチャレンジ!

goldhead.hatenablog.com

 

うまそう。かんたんそう。

さっそくささみのジャンボパックを買ってきました。蒸してみたらこれはうまい!・・・のだけどスジが硬くていやだったので、やってみました。

 

 

・・・難しい。でもやっぱりスジはとった方がおいしい。


f:id:robamimim:20190809095755j:plain

 

野菜といっしょに酒蒸しにしました。うんまー♥


インターネットがある世界っていいなー

 

ほんの10年前、イヤミを言われながらしぶしぶお料理を教わっていました。今思うと、シロさんみたいな方だったんですよね。まめまめしくて、細かい事が大好きで。作ってもらうのはうれしいけれど真似できなくて。

 

ずーっと苦手な気持ちを抱えていたのでした。

 

www.tv-tokyo.co.jp

 

失敗しても笑ってすまして、できるだけ簡単な方法をインターネットから探してくる。


最近はお料理がたのしいなーと思うんです。

 

 

 

心理学を使って、うまく勉強ができる方法があるみたい!

放送大学、学力と学習支援の心理学を聞いています。

 

この授業・・・心理学を使って、うまく勉強ができる方法を解説しています。

いやー最初に受ければよかった!内容は学校向けですが、かなり詳しく解説しているので、日常で使えるスキルに落とし込めたらいいなと思います。

 

教科書を読んでも頭に入らない時ってありますよね。そんな時は、無理に頑張る前に、どうして分からないかを知るといいそうです。

 

書いてある事を理解するには、前向きな気持ちとちょっと背伸びしたら分かる前知識が必要で、それがないともう呪文にしか聞こえない。がんばって覚えてもすぐ忘れちゃう!

 

例えば、子供に「地球は太陽の回りを回ってるんだって」を教えるのはすごく大変だという話。

 

だって毎日太陽が昇って沈むのを見ているから、ほんとは地球が動いているんだよーって言われても最初はとても信じられない。そこから根気よく教えて行って、だんだんわかるようになる。

 

知っている事と違う事を学ぶのはものすごく難しいんだよ、、、ということでした。

 

あるあるだと思いました。

 

思っている事と違う事を言われたら、最初はそんなバカなって思う。反発してすぐ忘れちゃう。あるいは全然興味もない知らない事を頑張って覚えたとして、これもすぐ忘れちゃう。

 

しっかり覚えるには、読みながら心の中で自分自身に説明したり、できれば誰かに教えるように話してみるのがよいそうです。

 

 

というわけで、第一回目の概要です。

教育の歴史なのでややっこしいのですが、自分がこんな事に巻き込まれてたんだーと思いながら授業を聞いていました。

 

第一回目。学力とはなんだろう?

私は学校から離れてだいぶたちますので、テストではかれる学力=かしこさ、とは言い切れないと実感が強いのですが、先生たちはなかなかこの実感を得られないのかもと思いました。

 

社会に出て自己実現をしていくには、いわゆる学力だけではなく、思考力、判断力、表現力が必要だといいます。

 

うううむ確かに。この後の国語の回でくわしく出てくるのですが、とくに表現力がほしいです!これがなかなか難しくて。その練習のためにブログを頑張ってみようと思いました。

 

「受験戦争」からの学力論争

1960年代から激化した「受験戦争」からの論争。学力を広く捉える広岡亮蔵と学問スキルに限るべきという勝田守一の学力論争が有名。最近は話が噛み合わないことがよくあるので概念を整理しようという流れだそうです。

 

たしかにテレビで論争している人って、話が噛み合わなくって好き放題に言いっぱなしですよね(笑)見てる方はけっこう面白いのですが。

 

ちょっとこれは複雑な気持ちです。意欲や興味関心も見てほしいと思う一方で、年齢や性別(もしかして性格?)で面接を落とされまくったので、点数でみるのが公平でいいなと思いつつも、悩ましいテーマだなと思いました。

 

学力の樹モデル

学力の概念を絵にしたもの。「学力の樹モデル」(志水 2005)はこの絵がわかりやすいなと思いました。

http://teacheers.main.jp/archives/842

 

学力の転移

中世の学校は貴族の子弟が通うところ。ラテン語幾何学などの教養を身に着ける場所でした。直接の役には立たなくても頭の訓練としての勉強が奨励されていました。(このころの様式が明治時代に日本に輸入され、いまの学校の原型になる)

 

1900年代にアメリカの教育心理学者ソーンダイクが「学習の転移はなかなか起こらない」「そんな事より実際役に立つ教育をしようよ」と提案したことで方針がガラッと変わります。

 

おじさまとネコ?

ソーンダイク氏はネコがどうやって学習するかの実験を通してこれらの論を立てていきます。(いやこの資料がね・・・ヒゲのおじさまがネコのかしこさを測り続ける日々でね。尊い・・・尊いよ!ドラマ化してほしい!)

youtu.be

 

そんで日本では明治からずっと教科書主義でやってきたわけですが、、、そこそこ成果があがったこともあって、抽象的な学習か実質的な学習かの議論は決着がついていないのだそうです。うんうん、こんな勉強して何の役にたつんだって反抗しましたねー!

 

勉強の教え方3選

私の頃は先生が黒板に書いて、それをひたすらノートにとる方式でした。教師主導主義というそうです。これはやる気のある学生を引き上げる一方で、意欲をなくして落ちこぼれる学生がでてしまうリスクが高い。

 

そこで学生一人人たのやる気をベースにした学習者中心主義が考えられました。中学・高校ではなかなか導入が進んでいないのですが、小学校では「ゆとり教育」として導入が進み、その影響で教える内容が薄くなって学力が低下したと言われています。(市川 2002)

 

最近の流行りは共同学習。ペアや少人数グループでのコミニュケーションを通じた学習が効果的だという考え方です。セミナーや研修でよく取り入れられていますよね。確かに面白いです。その一方でワイワイしたけど何にも出番がなくて終わっちゃったという人もいて、全員を満足させるのはスキルがいるなと思いました。どうでしょう。

 

人間の認知モデル

認知心理学では、脳にプログラムとデータをインストールして、レポートや討論をおこなうシステムとして人間をとらえています。

 

プログラムと違うのはこれまで得た経験・知識といった内的リソース、道具や他者といった外的リソースを使えること。そうしてシステム全体で見たときにどうやったらパフォーマンスが良くなるかを考えていく。

 

(という事ですが、いやいやこれはコンピューターとプログラムの関係にもっと近い感じがしています。これまでの蓄積や外部のリソースを使う感じもふくめて。)

 

全体で見ていくと、単に知識を詰め込むだけではなく、普段どうやって考えているか(プログラム)や周りのリソースをどれだけ使えるかが大事だという発想になります。なるほど。たしかにパソコンにデータをがんがん入れただけだと、すごく遅くて使いづらいですよね。

 

学校知批判

1980年代にはやった。学校の勉強が社会にでても役に立たないのではという論争。ソーンダイクの時代から100年後。先生がこんなこと覚えても役に立たないとかぼやきながら授業をしていたなー。

 

生きる力

1990年代から中央教育審議会が採用したスローガン。学力、人間性、健康・体力を3つの柱として1998年、2008年の学習指導要領にも使われている。

 

うーん、すばらしい。なんで末端には届いていなかったなー・・・

 

OECDの国際学力調査「PISA」で社会で生活するのに必要な基本的能力「キー・コンピデンシー」を提唱、これを測る国際学力調査が行われ、日本は・・・軒並み低かったそうで。学力低下論争が起きます。そこからどうなったか。

 

ja.wikipedia.org

 

なんだ、日本、がんばってるじゃん!

もっと破滅的にやばいのかと思っていました。

 

以上、ざっくりメモと感想でした。

 

ADHDの私が『ポイズンドーター・ホーリーマザー』を読んだら案の定とっちらかっておりました。

平積みになっていた話題の本を立ち読みしたら、続きが気になって気になって、一気に読んでしまいました。

ポイズンドーター・ホーリーマザー (光文社文庫)

ポイズンドーター・ホーリーマザー (光文社文庫)

 

 

イヤミスの女王」湊かなえさんの本です。

イヤミスとは嫌な後味のミステリーの略だそうで。読んだ後、いやーな気分になります。なのに気になって続きを読みたくなる。まるで変なツボを押されたような、超くさいチーズをやめられないような気分です。

 

www.wowow.co.jp

 

そしてドラマ化。作者のインタビュー、出演者のインタビューを見ていたら・・・???

 その中にありゃっと思うものがありました。なんとストーリーを読み違えていたのです。ADHDの私は人間の感情をしょっちゅう間違って受け取ってしまいます。この作品では暗黙の了解の行き違いがトラブルの元になっています。うーん、わからないぞこの暗黙!

 

大きく間違ったのは「ベストフレンド」「ホーリーマザー」でした。

以下、間違ったネタバレと感想です。

 

「ベストフレンド」


 主人公の私、漣涼香(さざなみすずか)はテレビドラマ脚本新人賞をとる。おなじく優秀賞の直下未来(そそりみらい)は何だかたよりない男。最優秀賞はダサくていけてない大豆田薫子(まみゆうだかおるこ)の手に。同期の3人でがんばろうねとメールの交換をする。

 しかし審査員の男から「実は君が最優秀賞だったのに、他の委員のゴリ押しであの子のものになったんだ」と耳打ちされ、悔しくてたまりません!審査員の誘い方がまたいやらしくて嘘っぽいのにこの男の言う事に振り回される涼香。ひやひやハラハラです。

 涼香は夢を諦めずに何度も何度も応募し続ける。しかしぜんぜん賞を取れない日が続く。焦る涼香。一方、最優秀賞をとった薫子はどんどんヒットを飛ばし続ける。悔しくて薫子を殺したいと願ってしまう。

 ある日、薫子が海外のすごい賞を取り、遠征から帰ってきます。空港に出迎えに行く涼香。手を振る薫子。いまだ!隠し持っていたナイフで薫子をグッサリこれで終わりだーっ!その時背後から男が飛び出してくる。手にはナイフ。涼香は偶然にも男と薫子の間に入り、かばうように刺され、絶命します。男は優秀賞の直下未来だったのでした。

 涼香はいい人という事になり、薫子は親友を疑ってすまなかったと涙にくれるのでした。

おや???


作者のインタビューを見ていたら、なんだか変なんです。涼香っていい人なの?がんばりやでただ花束を持っていっただけ!?本気で身を挺して薫子を助けてた???もう一度読み返したら確かにそのようでした。

 

ホーリーマザー」はもっとこんがらがった。

もう一つこんがらかったのがホーリーマザー。
前編のポイズンドーターは娘目線の話。お母さんは分からず屋で娘をがんじがらめにする。もう息苦しくてしょうがない。そんな娘が復讐する話。

後編のホーリーマザーは母の話。母は娘を思いやるのですが、どうしても愛情のカタにハメようとしてる感じがして、、、やっぱり息苦しかった。


だけどレビューを読むとお母さんは実はいい人で娘が毒でせめて話し合えばいいのにて意見が多くて驚いきました。娘さん、全国放送で親の毒っぷりを広めるのはやりすぎって、まあ、そうだよね。。。

 

 私は普段から複雑な感情がわからなくて、よく間違えてはトラブルになっています。暗黙の了解が分からずいつも困っています。例えばまた来てちょうだいねがどれくらい本気なのか、社交辞令なのかが分からないのです。

 

「優しい人」のように優しくされたら本気でそう思ってしまう。

「罪深き女」のように親切にありがとうを言われたら依存してしまうかも。

「マイディアレスト」のような環境にいたら狂ってしまいそう。

 

 登場人物はどなたも建前やあるべき姿を語り、本当の気持ちは語られません。

 もしかしたら。いつも地雷を踏み抜いている裏にはこんな事情があるのかも。どなたも自分は悪くない、ただ不幸だっただけと思っています。怖い。

 

 イヤミスがくせになりそうです。

ハッタツさんは人間関係が苦手だっていうけれど。

こんばんは。ろばみみです。

学生時代いつも横入りしてきた先輩にガツンと言い返す!

 昨日の夢です。スカッとしました!ずーっとそうしたかったんです。もじゃもじゃした人間関係・・・とっても苦手で。でも学生時代はよく我慢していたな。

 

 ハッタツだから人間関係が苦手だっていうけれど、このことをコンプレックスに思う必要はないのかな?と考えてみることにしました。

 

最近心がけているのは。

 とにかく大きなトラブルを避けまくって自分が被弾しないようにする。よし、これならうまくいく!と勝算が見えるまで手を出さない。あるいは試しにつついて反応が良ければすすむ。悪ければやめる。

 ハタからみたら、異常に転職回数は多いし、友達は少ないし、やばいやつだと思われるかもしれないけど。もじゃもじゃした人間関係をうまく泳いでいけないのでしょうがないです。

 

f:id:robamimim:20190710004943j:plain

 

 自分の手持ちの体力・気力・能力を考えてベストを尽くして、パッと見格好わるい泳ぎ方かもしんない。それを悪く言う人なら距離を置くし、できるだけ気に入ってくれる人と仲良くしたいと思うんです。

 

正直、人間関係で困る事はしょっちゅうです。

 異常に好かれたり嫌われたりする。それも突然に。なんでか理由がさっぱりわからない。きっと何かのセンサーがぶっ壊れているんだと思います。だとしたら壊れたなりに普通じゃなくても、安全に泳げるところで泳いでいたい。

 

電車に乗ってざっくり周りの人を見てみると。

 サラリーマン、学生さん、おしゃれな人、外国人、お年寄り、子供、ばっと見でわからない人も結構いる。私の凸凹をわかってくれて、程よく受け入れてくれる人って何人いるんだろう。

 

 半分くらいの人とは、どうやっても分かり合えない感じがする。
 半分くらいの人とは、がんばればうまくいきそうな気がする。

 

なるべく、気の合う人と楽にしていたい。

 日常は楽にいきていたいものね。

 本当は会う人みんなと仲良くしたいって思う。だけど例えば時間に厳しい人だと、どうしたって傷つけあってしまう。「時間に遅れるなんて、ないがしろにされてるんだ」と考えるなら。私にはどんなにがんばってもダメな日があるから、遅かれ早かれ傷つけあってしまう。

 たぶんこれで半分はアウトで。残り半分も名前と顔を忘れたら傷ついたり、謎現象が起こったりして。。。1割残るんだろうか。楽につきあえる人って。

 誰とでも仲良くしたいのになあ。。。

 

難易度高い人と仲良くしたい時もある。

 余裕がある時ならいけるかなと思う。無理に仲良くなろうとしない。私に余裕があって、相手にも余裕があるタイミングを探す。もしかしたら、時間を気にせず話せるなら、大丈夫なんじゃないかな。。。

 

人間関係も言われたとおりには出来ないけれど。

 自分なりにそこそこ満足いくようにできたらいいんじゃないかな。教わった通りにできなくて、毎日が試行錯誤。めげそうになる日もあるけど、もうちょっとがんばってみようと思いました。

 

 

 

同世代の同じ状況の友達がほしいよー!

こんにちは、ろばみみです。

 先日、おもしろそーと思ってミステリーショッパーに応募してみました。そうしたら殆どが二人以上で行く居酒屋で、、、彼氏は呑めないタイプで。こんなときさっと誘える友達がぜんぜんいないって事に気がつきました。


 さみちー!!!


 昔は呑みいこーで誘えてたのに。


f:id:robamimim:20190708134309j:plain


 アラフォーとなると、だいたい皆結婚してて子供もいて。そうなると気楽に誘えない。
 独身の友達はバリキャリで一緒に遊ぶにはお金がかかりすぎ。たまに会うなら面白いけど、同情されるのがなんかやだ。

 仕事はまだまだゆっくりで、暮らし向きはぎりぎりで。将来の事はぜんぜん見えなくて、、、呑んだらこういうのダーッと出てきそうじゃない?心おきなく話したいよ。


 週末読んでたこの本

 ひたすらおっさん同士で遊ぶってだけのストーリー。うらやましい。うわーん、私も恋バナしたい!!!

 このマンガ、社会で失敗して強制労働施設に送られた男たちの話です。同じような境遇の人が集まって、考えたり語りあって、遊びに行ったりして。冷静に考えたら悲惨きわまりないんだけど、楽しんでる。

 いいなーおっさん!おばちゃんでこういうのないのかなぁ。。。

 私も学生の頃や働き始めて数年はこんな感じでした。でもだんだん勝ち組負け組が決まって、結婚、子供、介護、病んでリタイアしたりして。その度に心置きなく話せる相手がいなくなっていきました。

 難しいんだ。違う状況を理解するって。同情しないって。嫉妬や焦りをコントロールすることも。

 
 心置きなく話せる友達が見つかったらいいな。アラフォーで頑張ってきたけど病んでリタイアして、次こそは自分を大切にしてやり直したいと思っているような。

 そんなこんなです。